なぜオーガニックを選ぶの?

Miessence Story

オーガニックとは?

認定オーガニック製品は、合成化学物質、合成肥料、または GMO(遺伝子組み換え)を使用しないで栽培され、加工されています。

オーガニック(有機)農法は画期的な農法および生産方法で、将来に向け最先端を行く食品、繊維テクノロジーとして近年ますます認められるようになりました。

オーガニックというのは、単に有害化学物質を使用しない農業ということではありません。原料や成分が、栽培時点から準備、製造工程、梱包に至るまで、どのような方法で扱われているかが関連しているのです。

オーガニック認定を得る基準は国際的に認められており、独立した第3者機関の検査官がすべての認定済み企業を年に1度査定することによって、この基準が毎年保証されています。

GMO(遺伝子組み換えをした製品)とは?

遺伝子組み換えをした製品 (GMO)とは、自然には見られない特徴をもたせるため、遺伝情報を変化させた(同種または異種の特徴の一部を取り除いたり、付け加えたりした)植物、動物または微生物のことです。

現在の科学では、自然には交尾不可能な異種間、例えばヤギとクモの間で遺伝子を交換することができるようになりました。これが「遺伝子組み換え」 と呼ばれるものです。

このような遺伝子操作が人間、植物、動物、環境に与える長期的な影響については、ほとんど知られていません。遺伝子組み換え製品が将来の可能性だという見方があるものの、一方では科学者の行き過ぎ、命の本質をもてあそんでいるのではないかという見方もあります。



認定オーガニックであるということ。

合成化学物質や遺伝子組み換え品を使用せずに作られた本物のオーガニック製品を購入する確かな方法は、以下のような独立した主要認定機関によってオーガニック認定されているかどうかを確かめることです。

  • ACO (オーストラリア認定オーガニック)
  • USDA(アメリカ農務省)
  • BFA (オーストラリア生物学農業協会)
  • IFOAM (オーガニック農業運動国際連合)

マイエッセンスの認定オーガニックについての詳しい情報はこちらへ。



認定オーガニックを選ぶ5つの利点

  • 土のために良い
  • 有機農法は、エコロジーや土壌学の近代的・科学的理解に基づくだけでなく、土地を肥沃にし、雑草・害虫駆除を確実にするため、伝統的な輪作農法も取り入れています。

  • 環境のために良い
  • オーガニックシステムは、再生不能資源への依存を減らすことを目標にしています。また、オーガニック製造法は、環境と野生生物の最善管理を第一にしつつ、持続可能な地球環境を目指し努力しています。

  • 人間にとって良い
  • オーガニックを基盤にする成分には、非オーガニック成分よりもビタミン、栄養素、がん予防になる抗酸化物質が豊富に含まれているという数多くの研究結果が出ています。

  • 化学合成物質が含まれていない
  • 有機農法では、化学合成物質、農薬、化学肥料の使用が禁止されています。

  • 遺伝子組み換え品が入っていない
  • 認定オーガニック製品は、オーガニック食品基準およびオーガニック農法基準で使用禁止されている遺伝子組み換え品を排除して生産されています。

ディープ・グリーンで快適生活!

11種類の濃緑色成分を凝縮。アルカリ性ミネラルを豊富に含んだ健康食品。カラダの内側からキレイをサポート。食生活が乱れがちな方に!

詳しくはこちらから。 >

製造工程

植物の効能を最大限に引き出せるよう丁寧に低温抽出したオーガニック成分で心をこめて作っているマイエッセンス。フレッシュな製品をお届けしています。

詳しくはこちらから。 >